建物の保護のため、軒下の外壁周縁部を 砂利敷き や コンクリート打ち したものです

犬が通れるくらいの幅しかないことから犬走りといいます。
Y邸では作業小屋まで台車を使うので入口側を広めに取りました。
お城・土手・線路・ダムにも犬走りがあり、ダムの管理用通路の名称には「キャットウォーク」と呼ばれるものもあります。