既存の窓の室内側に設置する窓のことです。

既存のサッシはそのままで、新しく内側に窓を設置します。
比較的簡単な工事で取り付けることができます。
既存の窓との間に空気層ができるため、外気温の影響を受けにくくなり
冷暖房費の節約・CO2排出量の削減・結露発生の軽減等の断熱効果があります。

防音・遮音性も高まるので外の騒音の侵入や、赤ちゃん・ペットの鳴き声などの音漏れを防ぎます。
鍵が複数になるので、空き巣被害の抑制効果があるといわれています。
組み込むガラスの種類によっては遮熱性や防犯性を高めることもできます。

※日々の開閉や掃除の手間が増えることがあります。