一般的には冬期、窓ガラスやアルミサッシで発生する表面結露をいいます。

水蒸気を含んだ暖かい空気が、温度の低い建材に触れることでおこります。
カビやダニの発生原因となり、建物を汚したり、ぜんそくやアレルギーの一因ともいわれます。
防止策として
*水蒸気をなるべく出さない
・炊事、入浴、ストーブの使用時、洗濯物を室内に干す場合は換気する
・極端に冷えた場所をつくらない
・空気の流れをつくる(押入れの中や家具の裏側も)

開口部のガラスやアルミサッシは冷えるので、複層ガラスや断熱サッシ、内窓を取り付け二重サッシにすることで開口部付近での表面結露は起こりにくくなります。

結露には表面結露と内部結露があります。
内部結露とは建物の室内側に防湿層がなく、室内で発生した水蒸気が壁体内に侵入して発生します。
木材や断熱材の腐敗や劣化が進み、建物の寿命が短くなります。

どちらの結露も断熱を行うことで予防になります。
家そのものと そこに住む人、どちらにとっても断熱が必要です。